履歴: 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
 
 
print  
 
スウェディッシュラリーでバルボリンチームがPWRC2位に

2月11~14日、PWRCの開幕戦、スウェディッシュラリーが開催され、バルボリンがスポンサーとなるスバル・インプレッサが大活躍しました。ドライバーはノルウェー人のアンデル・グロンダル、ナビゲーターは1週間前に調整を始めてラリーに挑む女性のヴェロニカ・エンガンです。このコンビは序盤からトップを追い回し、一時は1.6秒差にまで詰め寄ります。しかし、ナイトステージでの補助灯不備により、その差は20秒に広がってしまいました。それでもカールスタードでのショートステージでは、トップタイムを叩き出しました。2日目、時には40mも飛ぶジャンピングステージが連続するSSでは、2.5秒先行の暫定トップに踊り出ます。しかし、ジャンプ後のコーナーで雪のブロックにマシンの鼻を突っ込んでしまい、雪がエアフィルターに詰まって凍りパワーダウンを余儀なくされてしまいます。次のサービスまで修理できず、大幅にタイムロスをしてしまいました。そこでバルボリンチームは2位キープに方向転換。初めてのラリーで見事、2位入賞を果たしました。非常に良いシーズンスタートをきったバルボリンチームは、シリーズチャンピオンを目指して、次回のフィンランド戦に挑みます。

 
 

Copyright© 2016 Kanematsu Chemicals Corp. All Rights Reserved.